助教会



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


3件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[3] 研究ビジョンやモチベーションについて

投稿者: 藤井 投稿日:2015年 4月30日(木)17時51分56秒 prx-o3.noc.titech.ac.jp  通報   返信・引用

大学院生の時にイタリアのタリアメント川という自然河川に魅せられ、もっと自然のことを知りたくなりました。また、土木的視点からでは、人間社会(土木構造物)が自然環境へ与える影響に興味があり、今の研究に繋がっています(ちなみに研究のメイントピックは、水中での微量金属の動態です)。最近では、地球や人間社会が持続不可能であることに悲観しつつ、その無力さからどうやれば立ち直れるのかを模索しています。ソリューションの提案は、私の専門外ではありましたが、そんな気持ちから書かせていただきました(なので、非現実的となってしまい、皆様にご迷惑をおかけしました)。

最近の自分が掲げている研究ビジョンは以下の通りです。「人間社会が水生生態系へ及ぼす影響を適切に評価し、環境に負荷のない持続可能な社会の創出」(すごく大きすぎますが、迷った時はこれを想うようにしています)

そもそも研究とは人類が選択肢を増やす(自由を獲得する)ための知的活動だと思います。良い論文を書くということも大切だと思いますが、一方で、(軒並みですが)研究を通して社会に如何に貢献できるかも、今後は意識していきたいです。




[2] はじめに

投稿者: 藤井 投稿日:2015年 4月30日(木)17時24分40秒 prx-o3.noc.titech.ac.jp  通報   返信・引用

助教会での共同研究をより戦略的に進めるには、例えば、以下の事が重要ではないかと思います。
1.各分野でのビジョンやキーワード、問題意識を共有すること
(そもそも皆さん、なぜ研究しているのか?モチベーションも含む)
2.その上で、いきなり5分野融合でなく、まずは2分野間での共同研究の可能性を探ってみる
(各分野において、短くても良いので提案書の作成をお願いする)
3.分野間での共同研究で一つのクラスターを形成させる
(ビジョン・キーワードに沿っていれば単独での研究でもOK)
4.結果として複数のクラスター研究を融合させ、ひとつの大きなビジョンをもつ研究プロジェクトにまとめ上げる
(その際、時代を先取りする新しい言葉を創れればベスト。持続可能性やレジリアンスは既に古い。でも本質的には重要なコンセプト。)

今回のソリューションは見送りますが、せっかくですので
今後、学内の種発掘(締切5/29(金)17時)、若手異分野融合研究支援(今年もあるのか?)や科研の萌芽(10月)など、
可能であれば挑戦していきたいと思います。
タイムスケジュールを決められると良いかと思います。



[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2015年 4月30日(木)17時01分21秒 prx-o3.noc.titech.ac.jp  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
3件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.