teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4/82 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新春の挨拶

 投稿者:Miranda  投稿日:2020年 1月 3日(金)22時44分27秒
  通報 返信・引用
 
すでに1月3日となってしまいました。

年末はいろいろと多忙なこともあり、冬至聖日の挨拶
も、新しい年の言葉を準備する余裕もあまりありませ
んでした。

いまなお、あれこれと、俗世の煩悩にまみれた些事に
こころが安らかとは言えない状態ですが、ともあれ、
新たな年を迎え、どなたがこの掲示板を見ておられる
のか分かりませんが、各位に新年のご挨拶をお送りし
たく思います。

    謹 賀 新 春

ちなみに、わたしは「謹賀新年」ではなく、「謹賀新
春」と書くのが普通です。「新しい年を謹んで言祝ぐ」
ではなく、「新しい春を言祝ぐ」という表現です。

新春は、冬至聖日の次の瞬間が新春となるからで、新
たな一年は、どうなるのか、まったく行方が分からな
いが、少なくとも、新しい春は、生命の再生復活の地
上的な顕現であり、これを言祝ぐというのは、実際的
には意味があるということになります。

と云って、輪廻転生とか、生命の生まれ変わりとかを
信奉しているのではなく、時間の純粋持続性の歴史的
なエピファニイが、冬至聖日に続いているという認識
です。

「時間の純粋持続性」の「歴史的エピファニイ」とか、
何を抽象的な意味不明なことを述べているのかと云う
ことになりますが、この辺の「時間」についての考え
方、あるいは、時間とは何かの探求が、限りがないと
いうか、「よく分からない」ということでもあり、説
明をしていると、未完の長々しい論考文書になるので
はないかとも思う。

とまれ、新年そうそう意味不明な言葉で、申し訳ない
です。

2020年(令和二年)、日本はいよいよ内憂外患が
顕著となり、世界の文明の趨勢・趨向・行く末も、羅
針盤のない、テラ・インコグニータへの旅ともなって
いるとも云える。

個人実存において、社会状態において、文明の転換の
まさにさなかにおいて、各位、新たな春、それに続く、
新たな年、2020年が、実り豊かな年であることを、
祈念させて頂きます。

_ Sophia Mirandaas
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/82 《前のページ | 次のページ》
/82